FIM Endurance World Championship
FIM Endurance World Championship


EnglishFrançais日本語Tiếng ViệtไทยBahasa IndonesiaBahasa Melayu

ブーロム選手、「紆余曲折の冬」を経て、EWCチームを移籍

ニュースに戻る
ブーロム選手、「紆余曲折の冬」を経て、EWCチームを移籍ブーロム選手、「紆余曲折の冬」を経て、EWCチームを移籍

06 February 2024

フランス人ライダーのエンツォ・ブーロム選手は、「紆余曲折であった冬を経て」、FIM世界耐久選手権2024年シーズンから、Pit-Lane Enduranceに移籍したことについてコメントした。

ブーロム選手(27歳)は、フォーミュラEWCカテゴリーからスーパーストックをベースとするFIM耐久ワールドカップに転向する。

彼は、ベルギー人ライダーのルカ・デ・ヴリーシャウエル選手、フィンランド人ライダーのエメリ・ラハティ選手、そしてチリ人ライダーのマキシミリアン・シャイブ選手とともにPit-Lane Enduranceのダンロップタイヤを装着するヤマハマシン #86を駆る。

フランスを拠点とするPit-Lane Enduranceへの移籍について、ブーロム選手は、「紆余曲折の冬を経て、今年は、EWCのスーパーストックに戻ることになった。」と語った。「ここ数年で、すでに表彰台を何回も獲得して、その実力を証明しているクルーと速いチームなんだ。」

最近、Füsport Bootsとの新たなパートナーシップ契約を発表したブーロム選手は、2月22~23日にスペインのアルカラス・サーキットで行われる最初のテストのためにPit-Lane Enduranceに合流する予定だ。

4月18~21日にフランスで開催されるルマン24時間レースは、EWC新シーズンの開幕戦となる。

写真:Facebook.com/enzoboulom25

関連ニュース

関連ニュース

22 February 2024

EWCライダー渥美選手、EWCレース前の鈴鹿レースに参戦決定

FIM世界耐久選手権のライダーである渥美 心選手が、来月開催される全日本ロードレース選手権開幕戦のワイルドカードエントリーを獲得し、一足早く鈴鹿へ向かうことになった。鈴鹿では7月にEWC日本ラウンドが開催される予定だが、次シーズンでYoshimura SERT Motulのリザーブライダーとして参戦する渥美選手は、3月9~10日に開催される鈴鹿2&4レースに参戦するため、早速現地で練習を積んでいる。渥美選手(28歳)は、Yoshimuraがチューニングしたスズキ GSX-R1000Rに乗り、JSB1000クラスに参戦する。渥美選手にとって、この国内シリーズは特別な思い出がある。「僕の(Yoshimura SERT Motulでの)スタートは、昨シーズンのボルドール24時間レースのリザーブライダーで、その後、全日本ロードレースへのスポット参戦やテストの機会も得られた。」と、渥美選手は語る。「それらの経験から、チームのGSX-R1000Rやタイヤに対する理解が進み、チームワークも深まってきた。今シーズンは、経験豊富なチームと強力な3人のチームメイトから様々なことを学んで、レーシングライダーとして大きく成長するシーズンにしたいと思っている。チームがEWC戦の各レースで優勝、そしてチャンピオンを獲得できる様、リザーブライダーとしての仕事に全力を尽くすので、応援よろしくお願いします。もちろん、(レースで僕が必要になったときのために)いつでも行けるようにスタンバイしておく。」

21 February 2024

FIM、EWC2024年シーズンを前に創立120周年を祝う没入型映画を公開

2024年に創立120周年を迎える国際モーターサイクリズム連盟(FIM)は、その120年の歴史とモーターサイクルの世界における画期的な進歩を記録したユニークなフィルムを発表した。FIM世界耐久選手権を統括するFIMによると、この映像は、競技の枠をはるかに超え、安全性、技術、環境、持続可能性、包括性など、さまざまな分野に及んでいるという。スイス人女優でモデルのローリアン・ジリエロン氏が、6つのシーンのそれぞれに当時を彷彿とさせる衣装を身にまとって登場する『FIM 120 Years』は、フランスのリヨンで週末に開催された2024年FIM委員会会議で初公開され、聴衆から喝采を浴びた。素晴らしい当時の写真と貴重なヴィンテージ・ビデオで描かれた8分強の映像は、120年の進歩、功績、情熱を記録している。詳しくはこちら。FIM 120 Yearsの映像は、こちらをクリック。

20 February 2024

WÓJCIK EWC TEAM、ハンガリー人ライダーを獲得

Wójcik Racing Teamは、ハンガリー人ライダーのバリント・コヴァーチ選手を、FIM世界耐久選手権のライダーラインアップに加えた。コヴァーチ選手(22歳)は、ポーランド人トリオのカミル・クレミエン選手、ジュランド・クシュミエルチク選手、アルトゥール・ヴィエレブスキ選手と共に、ヨーロッパで開催される3大会でWójcik Racing Teamが所有するホンダマシン #77のリザーブライダーを務める。コヴァーチ選手は、Wójcik Racing Teamのライダーとして、2021年のルマン24時間レースと翌シーズンのスパ24時間EWCレースに参戦しており、チームの5位入賞に貢献している。コヴァーチ選手は、EWCのほか、BCC Alpha van Zon BMWチームからInternationale Deutsche Motorradmeisterschaftにも参戦する。写真:Facebook.com/bikebalint

公式パートナー
DunlopNexthashWebike
EWC Logo
EVERY MOMENT.
UNMISSABLE.
WBD SportsFIM
デザインと開発 3CODES | Powered by EVENTRACK | © copyright 2024. 全著作権所有.