FIM Endurance World Championship
FIM Endurance World Championship


EnglishFrançais日本語Tiếng ViệtไทยBahasa IndonesiaBahasa Melayu

TEAM 33 LOUIT APPIL MOTO、ライダー発表でEWCタイトル防衛を宣言

ニュースに戻る
TEAM 33 LOUIT APPIL MOTO、ライダー発表でEWCタイトル防衛を宣言TEAM 33 LOUIT APPIL MOTO、ライダー発表でEWCタイトル防衛を宣言

05 February 2024

Team 33 Louit April Motoは、FIM耐久ワールドカップ2024年シーズンで、昨シーズン獲得したタイトル防衛に向け、4人の強力なライダーを獲得し、この度発表した。

このフランスチームは、ケビン・カリア選手、クリスチャン・ガマリノ選手とともに、FIM耐久ワールドカップ2023年シーズンのチーム部門での優勝に貢献したイタリア人ライダー、シモーネ・サルタレッリ選手のスキルと経験を引き続き頼りにする。さらに、Team 33 Louit April Motoは、グイラーム・アンティガ選手とデビッド・サンチス選手という2人の元チームライダーを起用し、この2024年シーズンに挑むライダーラインナップを締めくくるため、フラビオ・フェローニ選手を新たに迎える。

フランス人ライダーのアンティガ選手(26歳)は、2017年から2022年にかけてTeam 33 Louit April Motoに所属し、スペイン人ライダーのサンチス選手(25歳)は、2021年のルマン24時間レースで同チームのカワサキ ZX-10Rのシートに座っており、このチームのEWCスーパーストックでの更なる飛躍のため、再び召集された。フェローニ選手(24歳)は、母国イタリアのレースで、常に上位に食い込んでいる。

サルタレッリ選手(38歳)がTeam 33 Louit April Motoのラインナップに加わることにより、居心地の良い雰囲気を作ることができる。 サルタレッリ選手は、2022年9月に母国で開催されたレース中のクラッシュで負った大怪我から復帰し、Team 33 Louit April MotoのFIM耐久ワールドカップ2023年シーズン優勝に貢献した。

「2024年シーズンに向けて、シモーネ・サルタレッリをTeam 33 Louit April Motoに迎えることができて、とても嬉しいよ。」と、Team 33 Louit April Motoとコメントしている。 「シモーネは昨年、我々と共に世界タイトルを獲得している大切な仲間なんだ。彼と共に耐久レースの歴史に名を刻み続けるために再び仕事をすることを楽しみにしているよ。」

Team 33 Louit April Motoは、アンティガ、フェローニ、サンティスの採用について次のように述べている。「ギヨーム・アンティガの復帰を発表できることを嬉しく思っているよ。ギヨームは2017年から2022年にかけて、すでに2度我々と一緒に戦っていて、再び彼と仕事ができることが本当にうれしいよ。ギヨームと同様、デビッド・サンチスも我々のカワサキZX-10Rでのレース経験を持っていて、直近では、2021年のルマン24時間レースでライディングしているんだ。フラビオ・フェローニの加入もうれしいアナウンスだ。彼は、イタリア選手権でその才能の大いに発揮しているんだ。彼を迎えることができて、本当にうれしいよ。」

アンティガ選手は、こう語っている。「FIM耐久ワールドカップ2023年シーズンで優勝したTeam 33 Louit April Motoに加入することができて、とてもうれしいよ。このチームは耐久レースで多くの経験を積んできていて、シーズン終了後に世界タイトル防衛という共通の目標を達成するために、僕の強みを十分発揮できるよう、頑張りたい。それを達成するためだったら、何でもするよ。ブノワ・ルヴェイヤール氏とフレデリック・ルイ氏には、とても感謝しているよ。」

グイラーム・アンティガ選手のコメント。 「このチームは、耐久レースで多くの経験を積んでいるんだ。自分の持ち味を生かせるように頑張りたいね。」

一方、EWCでTeam 33 Louit April Motoのライダーとしての「Team 33 Louit April Motoのみんな、素晴らしい2年間をありがとう。共に大家族の一員として一緒に勝ち、一緒に負けた。 皆さんの温かい歓迎と協力には、いつも感謝していたよ。これからも頑張ってね。」

Team 33 Louit April MotoのカワサキZX-10Rには、FIM耐久ワールドカップ唯一のタイヤサプライヤーであるダンロップタイヤが装着される。

関連ニュース

関連ニュース

22 February 2024

EWCライダー渥美選手、EWCレース前の鈴鹿レースに参戦決定

FIM世界耐久選手権のライダーである渥美 心選手が、来月開催される全日本ロードレース選手権開幕戦のワイルドカードエントリーを獲得し、一足早く鈴鹿へ向かうことになった。鈴鹿では7月にEWC日本ラウンドが開催される予定だが、次シーズンでYoshimura SERT Motulのリザーブライダーとして参戦する渥美選手は、3月9~10日に開催される鈴鹿2&4レースに参戦するため、早速現地で練習を積んでいる。渥美選手(28歳)は、Yoshimuraがチューニングしたスズキ GSX-R1000Rに乗り、JSB1000クラスに参戦する。渥美選手にとって、この国内シリーズは特別な思い出がある。「僕の(Yoshimura SERT Motulでの)スタートは、昨シーズンのボルドール24時間レースのリザーブライダーで、その後、全日本ロードレースへのスポット参戦やテストの機会も得られた。」と、渥美選手は語る。「それらの経験から、チームのGSX-R1000Rやタイヤに対する理解が進み、チームワークも深まってきた。今シーズンは、経験豊富なチームと強力な3人のチームメイトから様々なことを学んで、レーシングライダーとして大きく成長するシーズンにしたいと思っている。チームがEWC戦の各レースで優勝、そしてチャンピオンを獲得できる様、リザーブライダーとしての仕事に全力を尽くすので、応援よろしくお願いします。もちろん、(レースで僕が必要になったときのために)いつでも行けるようにスタンバイしておく。」

21 February 2024

FIM、EWC2024年シーズンを前に創立120周年を祝う没入型映画を公開

2024年に創立120周年を迎える国際モーターサイクリズム連盟(FIM)は、その120年の歴史とモーターサイクルの世界における画期的な進歩を記録したユニークなフィルムを発表した。FIM世界耐久選手権を統括するFIMによると、この映像は、競技の枠をはるかに超え、安全性、技術、環境、持続可能性、包括性など、さまざまな分野に及んでいるという。スイス人女優でモデルのローリアン・ジリエロン氏が、6つのシーンのそれぞれに当時を彷彿とさせる衣装を身にまとって登場する『FIM 120 Years』は、フランスのリヨンで週末に開催された2024年FIM委員会会議で初公開され、聴衆から喝采を浴びた。素晴らしい当時の写真と貴重なヴィンテージ・ビデオで描かれた8分強の映像は、120年の進歩、功績、情熱を記録している。詳しくはこちら。FIM 120 Yearsの映像は、こちらをクリック。

20 February 2024

WÓJCIK EWC TEAM、ハンガリー人ライダーを獲得

Wójcik Racing Teamは、ハンガリー人ライダーのバリント・コヴァーチ選手を、FIM世界耐久選手権のライダーラインアップに加えた。コヴァーチ選手(22歳)は、ポーランド人トリオのカミル・クレミエン選手、ジュランド・クシュミエルチク選手、アルトゥール・ヴィエレブスキ選手と共に、ヨーロッパで開催される3大会でWójcik Racing Teamが所有するホンダマシン #77のリザーブライダーを務める。コヴァーチ選手は、Wójcik Racing Teamのライダーとして、2021年のルマン24時間レースと翌シーズンのスパ24時間EWCレースに参戦しており、チームの5位入賞に貢献している。コヴァーチ選手は、EWCのほか、BCC Alpha van Zon BMWチームからInternationale Deutsche Motorradmeisterschaftにも参戦する。写真:Facebook.com/bikebalint

公式パートナー
DunlopNexthashWebike
EWC Logo
EVERY MOMENT.
UNMISSABLE.
WBD SportsFIM
デザインと開発 3CODES | Powered by EVENTRACK | © copyright 2024. 全著作権所有.